「名店のコーヒーは美味しい」とは限らない

coffee

こんにちは。
今日は、「名店のコーヒーは美味しいとは限らない」ということについて書きたいと思います。はじめに言っておくと、コーヒーの美味しい・美味しくないと味の好みは別の話です。浅煎りのフルーティなコーヒーが好きな人もいれば、コクのあるビターな深煎りが好きという人もいるでしょう。どんなコーヒーが好きか、は好みの問題です。同じ深煎りコーヒーの中でも単に苦いだけのものもあれば、とても複雑な香りの層を感じるものもあります。同じコーヒー豆を使っても淹れ方で美味しくなったり、まずくなったりします。美味しくないと感じる時は大体苦みや渋み、酸味が強すぎる場合が多いです。もしくはほとんど香りや味が感じないということもあります。


僕はコーヒーが好きなので、「どうしたら美味しいコーヒーを淹れられるか」ということをよく考えます。時々、「名店」と呼ばれる様な専門店や話題のカフェに行き、可能であれば店員さんがどんな風にコーヒーを淹れているか見させてもらっています。(もちろんコーヒーマシーンではなく、ハンドドリップのやり方です)
当然のことながら、どこのお店でも、ちゃんと豆を計量してその場で挽いていますし、お湯の温度もしっかり見ています。コーヒーサーバーやカップは前もって温めています。それにドリップ技術も基本に忠実です。これで美味しくないわけがない、と思う完璧な抽出テクニックなのです。
しかし、いざ飲んでみると「?」と思うことが結構あります。どちらかと言うと苦みや渋みが強いというようなことよりも、香りを感じないということの方が多い気がします。
どうしてなんだろう?
正直、答えはよく分かりません。残念ながら店員さんたちも自分が淹れているコーヒーが美味しいのか、美味しくないのかは分かっていないと思います。それは今、自分が淹れている一杯のテイスティングをすることが出来ないからです。
飲み終わったときに「お味はいかがでしたか」と聞かれることがあります。そういう時の店員さんの顔は自信に溢れています。「ほら、うちのコーヒーは美味しいでしょう」という微笑みでこちらを見つめてきます。僕は当然「はい、美味しかったです」と答えます。ほとんど社交辞令ですが、一生懸命コーヒーを淹れてくれた店員さんへの感謝の気持ちもあります。
ひとつ言えるのは、名店だから間違いないとか、話題の店だから美味しいということは無いということです。美味しい・美味しくないの判断は自分で判断するしかないのです。
これはコーヒーだけでなく、人生のあらゆることに言えることかもしれません。何事も先入観や世間の評判にとらわれてはいけないということです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました