惣菜マフィン/甘くないマフィンを作る

foods

こんにちは。
今日は朝食やランチでも食べられる、「甘くないマフィン」を作ってみました。今回は、ジャガイモと辛子明太子を使ったタラモサラダゴボウとニンジンのきんぴらとレンコン入りつくねの2種類のフィリングを用意しました。生地は共通のものを使用しています。

① フィリングを作ります。
どちらも既にクックパッドなどで色々なレシピがあると思いますので、作り方はそれらのレシピを参考にしてください。どうしても多めに出来てしまうので、残りはご飯のおかずにしてください。

タラモサラダ
ジャガイモを茹でます。
茹で上がったジャガイモをつぶします。
辛子明太子とマヨネーズを混ぜ合わせます。
塩、胡椒で味を調えます。

ゴボウとニンジンのきんぴら
材料を3㎝から4㎝くらいのサイズに細切りします。
胡麻油で炒めます。
酒、みりん、しょうゆ、砂糖、刻んだ唐辛子を入れてさらに水分を飛ばすように炒めます。

レンコン入りつくね
レンコンはみじん切りにします。
鶏むね肉の挽肉に塩・胡椒をして手で揉みます。
粘り気が出たらレンコンを加えて小判状に成形します。
軽く油をひいて焼きます。
両面が焼けたら、酒、みりん、しょうゆ、砂糖を混ぜたタレをかけて照り焼きにします。

② 次に生地を作ります。

材料
薄力粉 120g
バター 50g
砂糖 20g(基本のマフィン生地では80g入れています)
ベーキングパウダー 4g
塩 少々
卵 1個
豆乳 80㏄
パン粉 少々
大葉 数枚

生地の作り方
室温に戻したバターを泡立て器を使って白くなるまで混ぜます。
バターに砂糖を加えてさらに混ぜます。
卵を1/2量ずつ入れて混ぜます。
粉(薄力粉・ベーキングパウダー・塩をふるいにかけたもの)を1/3量ずつ入れていきます。豆乳を入れて生地の固さを調整します。

③ 型に入れて焼きます。
オーブンは200℃で予熱しておく。
グラシン紙カップを敷いたマフィン型に生地を入れます。
型は6個ありますので、それぞれのカップに全量の1/6ずつ使用します。
タラモサラダ
生地→タラモサラダ→生地の順に、生地でフィリングを挟むようにします。
生地を入れたら、パン粉を振りかけます。
オーブンに入れます。
200℃で20分~23分。焼き色を見ながらお好みで時間を調整してください。
焼き上がったら型から取り出して冷まして下さい。

きんぴら&つくね
下に敷く生地を入れたら、つくねをのせ、その横にきんぴらを置きます。
その上に残りの生地を被せるように入れます。
生地を入れたら、パン粉を振りかけます。
オーブンに入れます。
200℃で20分~23分。焼き色を見ながらお好みで時間を調整してください。
焼き上がったら型から取り出して冷まして下さい。

早速、味見してみました。
生地はほのかに甘みを感じる程度で、中はふわっと柔らかく、表面はカリっと仕上がっています。具材とのマッチングもグッド!
タラモサラダ、きんぴら&つくね共にしっかり目の味付けにしておいたのが良かったと思います。

 
作り置きしておいて、ちょっとお腹が空いたときに温め直して食べるのにちょうど良いです。具材を工夫すると色々とバリエーションが楽しめそうです。
ストレートティーや、ジンジャーエールなどのさっぱりしたコールドドリンクとご一緒にどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました