芳ばしい!ごまのマフィン

foods

こんにちは。
いよいよ秋本番、過ごし易い季節になりました。
でも最近は秋が短くなって、すぐに冬の足音が聞こえてきそうですね。
秋になると、スウィーツもちょっと甘めで食べ応えのあるものが恋しくなります。
そこで今日は、ごまを使った餡入りマフィンを作ってみました。
ごまはコーヒーと同じで、煎ることで風味が出てきます。
今回はこのごまの風味を活かす作り方を紹介します。

<ごまのマフィンの材料(直径7㎝・6個型)>
バター50g、砂糖80g、薄力粉120g、ベーキングパウダー小さじ1、卵1個、塩少々、豆乳80㏄、
白ごま30g、黒ごま15g、餡100g



<作り方>
①白ごま30gを煎ります。色が少し茶色くなって香ばしい匂いがするくらいまで。パチパチとごまがはぜて飛んでくることがあるので注意して下さい。既に煎った状態で売られているものを使用する場合は、軽くあぶる程度でも良いと思います。煎ったごまをすり鉢ですり潰します。

 
②黒ごまを煎ります。こちらは粒のままで使用します。


③マフィン生地を作ります。オーブンは180℃で予熱しておいてください。
室温で柔らかくしたバターを泡立て器で混ぜ、白くなったところに砂糖、卵を少しずつ入れていきます。そこに小麦粉(薄力粉)とベーキングパウダー、塩を三分の一ずつ混ぜ合わせていきます。豆乳で固さを調整します。(基本の生地)
④出来た基本の生地に①で作ったすりごまを混ぜます。

⑤次に②で作った黒ごまを混ぜます。トッピング用に適量残しておいてください。


⑥マフィン型にのせたグラシンカップに出来た生地を薄く入れます。


⑦その上に100gを6等分した餡をのせます。


⑧さらに、残りの生地を入れます。


⑨黒ごまをトッピングしてオーブンに入れます。180℃で約20分焼きます。

⑩焼き上がったら型から取り出して冷まします。

<まとめ>
焼いている最中からごまの芳ばしい匂いが漂ってきます。
食べる時は少し温めた方が風味が増すかも。
カットすると中には餡が入っています。

口の中でごまの芳ばしさと餡の甘さが溶け合って、これはかなり美味い!
秋と言えば、お芋やカボチャも美味しい季節。餡の代わりに入れても美味しいと思います。
合わせるコーヒーは、ミディアムローストで、すっきりとした後味のものが良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました