通販で買うおすすめコーヒー豆3/ROKUMEI COFFEE CO. 

coffee
dav

こんにちは。
少しずつ春の足音が聞こえてきそうな今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。
新型コロナ禍の外出自粛下、なかなかカフェや喫茶店に行くことも出来ない中、ご自宅でコーヒーやスウィーツを楽しむ機会が増えているのではないでしょうか。
この際、自分で美味しいコーヒーを淹れるスキルをアップさせるのも良いかもしれませんね。
さて、皆さんはコーヒー豆をどのように入手していますか。
コーヒーの味は個人の好みで、苦み、酸味、コクなどのバランスが異なります。それらは豆の産地や焙煎方法、抽出方法で変わります。色々なロースタリーの豆を試してみて自分の好みの味を探すのもコーヒーの楽しみのひとつです。
大手の食品メーカーの豆ならスーパーマーケットで買えますし、ご近所に自家焙煎をやっているショップやカフェがあれば個性的で美味しい豆を手に入れることが出来ます。
日本という国は元々職人気質の人が多いのでしょうか、コーヒーの焙煎に関してもこだわりを持って仕事をしている方がたくさんいらっしゃいます。
全国にある有名なロースタリーから購入できるという意味では、ネット販売は選択肢のひとつとなり得ます。

通販で買えるコーヒー豆第3弾は、奈良市にあるROKUMEI COFFEE CO.さんを紹介したいと思います。
ROKUMEI COFFEE CO.は、1974年に奈良で創業した株式会社路珈琲さんが2015年に立ち上げたブランドです。

コーヒー通販|ロクメイコーヒー【公式】 (rokumei.coffee)

スペシャルティコーヒーを通じて日常を豊かに。」というコンセプトで、厳選された豆を自家焙煎するスペシャルティコーヒー専門店です。
(スペシャルティコーヒーの定義については日本スペシャルティコーヒー協会のHPをご参照下さい。)

スペシャルティコーヒーの定義 « SCAJについて | 一般社団法人 日本スペシャルティコーヒー協会

今回購入したのは「スペシャルティコーヒーお試し飲み比べセット100g×3種(¥2,160税込)」です。3種類の豆が100gずつセットになっていて、初めてROKUMEI COFFEE CO.さんの豆を購入する方にはちょうど良い商品だと思います。



ネコポスで送られてきた平ぺったい段ボール箱の中には、コーヒー豆3種類と、小冊子がセットで入っています。


今回のセットに入っていたのは「ROKUMEI BLEND(ロクメイブレンド)」、「SARUSAWA BLEND(サルサワブレンド)」、「ETHIOPIA YIRGACHEFFE KOCHERE ARICHA NATURAL(エチオピア イルガチェフェ アリーチャ ナチュラル)」の3種類です。それぞれ焙煎度合を変えてあり、風味や味の違いも良く分かります。豆を挽く前の状態でも、香りにそれぞれのテイストの特徴が感じられます。

早速、届いた豆でコーヒーを淹れてみました。

ROKUMEI BLEND(ロクメイブレンド)
グアテマラ、ブラジル、ケニヤ産の豆をバランスよくブレンドしています。焙煎度合はハイローストで、きれいなブラウンカラーです。


今回届いた3つの中では、甘み・苦み・酸味のバランスが良く、誰にでも愛されるとても飲みやすい味になっています。特に個性的なテイストではありませんが、単調ではなく、香りと味わいの多層感があります。

SARUSAWA BLEND(サルサワブレンド)


ブラジル、インドネシア、エルサルバドル産の前をブレンドし、フルシティローストで仕上げた少しビターなコーヒーです。豆の色は少し濃い目のブラウンです。スモーキーな香りの中に、ダークチョコレートやキャラメルのような濃厚な味わいがあります。しっかりとしたコーヒーを飲みたい時の一杯に最適です。

ETHIOPIA YIRGACHEFFE KOCHERE ARICHA NATURAL(エチオピア イルガチェフェ アリーチャ ナチュラル)


今回届いた豆の中で、これだけはストレート(単一豆)でした。ミディアムローストで明るいブラウンカラーの豆です。挽く前の豆からもフルーティなの香りが漂います。スペシャルティコーヒーの甘みやフルーティな酸味を十分味わえます。浅煎り寄りの焙煎が好きな方には最適な一杯です。

まとめ
今回試飲してみた3種類の豆は、それぞれのコンセプトが明確に表現されていて、三種三様の美味しさが楽しめました。
焙煎はミディアムからフルシティまでの中煎りから明るめの深煎りまでと幅を持たせてあり、それぞれの焙煎の特徴の違いを感じながら美味しく飲むことが出来ました。


通信販売以外にも、奈良市にはクロワッサンも楽しめるカフェや、ロースタリー併設のコーヒースタンドもあります。関西方面にお住みの方は一度訪れてみてはいかがでしょうか。


コメント

タイトルとURLをコピーしました