モテるおじさん、おばさんになるには

Life

こんにちは。
今日のテーマは「モテるおじさん、おばさんになるには」です。
そもそもこの歳になってモテる必要があるのか、という声が聞こえてきそうですね。(笑)
でも、誰にでも内心いくつになってもモテたいという気持ちはあるでしょうし、「モテる」という言葉の定義をちょっと考え直すと、私自身やっぱりモテる大人であるに越したことはないと思うのです。

<目次>

モテてるってどんな状況?

みなさんは、そもそもモテてるってどういう状況だと思いますか。
現在、新型コロナウィルスの影響でなかなか友達にも会えない状況が続いています。
会えないと思うと余計に誰かに会いたいと思うのが人情です。
そんな時に「会いたい」と思う人ってどんな人だろう?
一緒にいて楽しい、リラックスして話ができる、何か新しい刺激を与えてくれる等々…。
気心の知れた旧友はもちろん、年齢を重ねてから出会った人の中にも、また会いたくなるような人はいるものです。
皆さんの周りにも、そんな人はいませんか?
私の知り合いにも何人か、異性・同姓を問わず、自然と人を引き付ける魅力的な人がいます。
私はそういう人が「モテる人」だと思っています。そして、その人を中心に人の輪が出来ていることが、モテているという状況だと思います。少し、一般的な「モテる」という言葉から受けるイメージとは違うかもしれませんね。
そして、そのような人には何か共通点があるのではないかと考えています。
自分がそうなれるかどうかは別にして、そういう人たちがなぜモテるのか、ということには興味があります。

年齢で異なる「モテる」理由

若い頃は、モテる=異性に好かれる、ということだと思っていました。
もちろんこれは間違っていないと思います。
自分の経験からも言えることですが、10代~20代の頃は「どうすれば好きな相手に自分のことを好きになってもらえるか」ということが大命題であり、人生のかなりの時間をこのテーマの追求に費やしていたように思います。
若い世代、特に10代の頃は、男子の場合は「顔がかっこいい」「背が高い」「スポーツが出来る」、女子は、「かわいい」「スタイルが良い」など見た目がモテるための主な要因でした。もう少し年齢を重ねて結婚を意識しだすと、「やさしい」「面白い」「頼りがいがある」「性格が良い」など内面的な要因が加わってきます。当然のことながら、これらの要因を持っている人がモテるわけです。
これらの見た目や性格による判断は、長い人生を共に過ごすパートナーを見つけるための本能的なものに起因しているかもしれません。
しかし、50代ともなると、人生の価値観が大きく変化しますし、その中で、「いかに充実した日々を送るか」ということが人生のテーマになってきます。もちろん歳をとっても若い女の子にちやほやされたいという願望が全くなくなるわけではありませんが、それがメインテーマになることはありません。そうなると、他人に対する興味や関心も自ずと変化してきます。40代、50代にとってモテるということ自体の意味が異なってくるのも当然です。

50代、60代になってもモテるとは?

インターネットを見ると、「モテる50代になるには」とか「モテる50代男性の魅力とは」みたいな見出しの記事が結構あります。それらをいくつか見てみると、世間的に考えられている「50代でモテるための条件」が見えてきます。特にブログなどで出現頻度が高い項目を男女別に上げてみました。(あくまでネット上の出現頻度であって、私の個人的な見解ではありませんのであしからず。)

モテる人の特徴 50代男性編

余裕がある・落ち着きがある
これが最も多かった。精神的にも、金銭的にもゆとりがあり、他人に対して寛容であることが大事らしい。
確かに中年の男性が、せかせかしていたり、きょろきょろと落ち着きが無いと「あの人大丈夫かな?」と心配されそう。

経験や知識が豊富
これぞ大人のアドバンテージ!と言いたいところですが、これはその人がどんな人生を歩んできたかが如実に現れる話です。
若くてもしっかり毎日を生きている人は経験や知識を豊富に持っているし、歳を取っていてもなんとなく毎日を生きていると経験値は上がらない。
仕事では、顧客対応など人間関係の築き方や、何か問題が起きた時の対処法などが的確だと部下や同僚から一目置かれるでしょうし、プライベートでは趣味や健康・旅行・グルメなど知識な豊富な人とは話をしていて飽きないものです。

晩年の男の色気・渋味
これは、「そりゃ、あればモテるわな」という話ですね。若い時にカッコよかった人が上手く歳を取れれば手に入れられるかも。人生の苦労が渋味につながればよいのですが、単に疲れた印象になるようだったらむしろマイナスだと思います。

優しくジェントルな言動
これは頑張れば出来るかもしれません。反対に、地位やお金のある人が若い人やレストランなど店舗の接客業をされている方に横柄な態度を取るのは最悪とのコメントも多いです。まあ、年齢や地位の有無に関わらず、他人に誠意を持たない人がモテるとは考えられません。

モテる人の特徴 50代女性編

明るく、笑顔がきれい
これが最も多いコメントでした。やはり女性は太陽ということなのか、いつも明るい女性は周りを幸せな気持ちにさせてくれます。笑顔の大切さはあまり年齢や性別と関係ない気もします。

美意識が高い
いくつになっても髪型やファッションに気を遣っていること、アクセサリーやインテリア雑貨など自分の身の回りにあるものへの関心を失わないことなど、美意識を高く持っていることが大切だそうです。元々男性より女性の方が美意識は高いと思うのですが、それだけに美意識が無くなった女性には厳しい目が向けらてしまいます。

素直さ、可愛らしさ
これは明らかに男性の願望が入っている気がします。昔のアイドルに対して「いくつになっても可愛らしい人」という表現はテレビや雑誌でもよく見かけます。実際のところ、このような素敵な女性は私の周りには存在しません。

落ち着き、品がある
これは男性でもトップに挙げられている項目です。やはり年相応の落ち着きは大切です。カフェやレストランで周りを気にせず大声でしゃべる女性たちは決して品が良いとは言えません。

これらのコメントを見てみると、男女を問わず、年相応の落ち着きや言動がかなり大切だと思われていることが分かります。下手に若作りをしたり、軽率な態度を取ることは若い人からも同年代からも冷たい目で見られます。また反対に人を見下したり、横柄な態度を取ることは周囲に不快感を与えるばかりでなく、一緒に居て恥ずかしい、友達と見られたくないと思われてしまいます。

まとめ

さて、みなさんはどう思われましたか?モテたい?それとも今さらどうでもいい?
私自身色々考えてみると、私の知り合いの「モテる人」の最大の特徴は、周りにいる人が欲しいと思うものをGIVEできる人だということに気付きました。それは時には健康や安全な食生活など、生活を豊かにしてくれる情報だったり、また別の時には明るい笑顔や優しい言葉だったりします。そういう色々なものを惜しみなく与えてくれる人の周りには自然に人の輪が出来ます。その人の側にいると、自分も誰かのために何かしてあげたくなります。多分その人はモテたいと思ってやっているわけではないのでしょうが、私はモテたいという理由でこれをやっても良いと思います。結果オーライということで。(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました