アフターコロナ、ウィズコロナって言われても

Life

いよいよ東京アラートも解除されることになり、再び街中にも活気が戻ってきました。カフェや居酒屋もソーシャルディスタンスを取りながら営業再開しているところが増えてきましたね。といっても一つ置きにテーブルや椅子に「使用禁止」みたいな貼り紙がしてあるだけのところも多いですけど。

 「アフターコロナ、ウィズコロナ、世の中どうなる?」みたいなテーマでいろんな議論が交わされていますが、日本人の性格上、しばらく経てば何事も無かったかのように元に戻るような気がします。「今年の流行語大賞はコロナで決定!」はい、以上、おしまい。。。でも、飲食店など自営業をされてる方たちは、そのほうがありがたいだろうな。

非常事態宣言中は、私が勤める会社も、在宅勤務をやってました。コロナ以前は在宅勤務するには申請が必要だったり、総務の審査があったりとすごくハードルが高かったのに、なし崩し的にテレワークが始まって、およそ2か月ほど家で仕事してました。正直な話、僕自身は結構、在宅勤務を楽しんでいました。長いサラリーマン生活の中で、こんな「ゆるい」日々は経験が無かった。まさに非常事態!朝はゆっくり寝てられるし、朝食後のコーヒーは豆を挽くところから始めて、ラジオなど聞きながら優雅に味わえるし、なんといっても有給休暇でも取らない限り普段体験できない、のどかな平日の昼下がりを満喫できました。それに、なんでもかんでもオンライン!オンラインの会議とか、オンラインセミナー、オンライン飲み会も一通り体験しましたし。オンライン会議中、マイクをオフにしておやつをポリポリ食ってたなあ。でも非常事態宣言が解除されて、これからどうなるんだろうな。また何も無かったかのようにオフィスに出てこいってことになるのかな?何より自分自身が元の生活に戻れるかが不安です。後から思えば、「あの在宅勤務の日々は楽しかったなあ」って思い出にならなければ良いのですが。

そんな中、やっぱり一番つらかったのは、カフェが休業していたこと。さすがに長時間、家に籠っているとちょっとカフェでも行ってくるか、と思うのですが、どこも休業やーん。居心地の良いカフェで読書したり、スマホいじったりすることで、いかにリフレッシュされていたかよく分かりました。でも、カフェに行けない分、家カフェ能力はアップしましたね!

アフターコロナの「新常態」について希望を言わせていただけるなら、適度にテレワークを入れつつ、週に何度か会社に行って同僚とコミュニケーションを楽しみ、嫌な会議はオンラインでやり過ごして、リフレッシュはお気に入りのカフェで美味しいコーヒーを飲みながら、というところでしょうか。でも、これってわがままでも何でもないですよね。これからのワークスタイルとして常態化して欲しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました