フレンチプレスでコーヒーを淹れてみました。

coffee

こんにちは。
コーヒーを淹れるには、色々な器具や方法がありますが、今日はフレンチプレスによる抽出法について書きたいと思います。

フレンチプレスとは
フレンチプレスはメーカーによってデザインや素材の違いがありますが、ビーカーのようなガラス容器部分と、押し下げるための棒が付いた濾し器(メッシュフィルター)部分、取っ手、蓋で構成されているものが多いようです。日本では紅茶を淹れるのに使用される方が多いかもしれませんね。
ペーパードリップやネルドリップがフィルターで濾して抽出する「透過法」に分類されるのに対し、フレンチプレスはパーコレーターやサイフォンと同じ「浸漬(しんし)法」に分類されます。浸漬法とは、沸騰したお湯にコーヒー豆を入れてかき混ぜる、あるいはお湯でコーヒー豆を煮沸して抽出する抽出方法のことです。この方法ですと、油分やコーヒーの成分が十分に抽出される反面、細かい粒子が取り除かれないため、ドリップ方式に比べ、粉っぽい舌ざわりが残ったり、コーヒーが濁ったようになります。
今回は、イケアで購入したUPPHETTA(ウップヘッタ)というフレンチプレスを使用しました。イケアショップか、通販で購入可能です。


私は、最近原宿駅前にオープンしたイケア原宿店で購入しました。
余談ですが、イケアの原宿店は売り場面積がそれほど広くないので、家具はあまり置いていません。お客さんもどちらかと言うと若い人が多く、食器や雑貨を購入する人が多いようです。

フレンチプレスを使ったコーヒーの淹れ方
コーヒー2杯分
①フレンチプレスはあらかじめお湯で温めておきます。


②豆はやや粗挽きのものを使用します。(2杯分で約24g)あまり細かく挽くと、金属製の濾し器の目を抜けてコーヒーの濁りが強くなってしまいます。挽いた豆を容器に入れます。


③沸騰したお湯を注ぎ、かき混ぜます。(イケアの製品説明書には「美味しくいただくためには沸騰したお湯をお使いください」と書かれています。)

 
④そのまま1~2分待ちます。


⑤メッシュフィルターを押し下げます。


⑥カップに注いで完成です。

まとめ
オイル分や細かい粒子が濾されない分、よりストレートに豆の風味が感じられます。当然のことながら良い豆を使用すればその持ち味を十分に引き出すことが出来ますので、カフェによってはフレンチプレスを売りにしていたり、選択肢として用意しています。
ただし、どうしても細かい粒子が残るので、ざらっとした舌触りに仕上がります。上の写真を見ていただくとわかりますが、コーヒー液は濁った印象です。性能のいいグラインダーを使用して、出来るだけ細かい粒子が出ないように豆を挽くことが大事だと思います。
抽出方法は簡単ですし、あまり神経を使う必要が無いのは利点だと思います。後片付けの時に、豆の捨て方に工夫が必要です。ペーパーフィルターだとそのまま捨てられますが、フレンチプレスの場合、容器に付着した豆を捨てるのにひと手間掛かります。
エスプレッソまで行かなくても、ちょっと濃厚なコーヒーが飲みたいときには、淹れ方の選択肢のひとつとして覚えておくとよいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました