ドリップバッグコーヒーの味は?

coffee

こんにちは。皆さんは職場でコーヒーを飲むときはどうしてますか?自動販売機やベンダーで買う、近所にカフェやコンビニがあればテイクアウトという手もありますね。僕は、ハンドドリップで優雅にコーヒーを淹れてます、と言いたいところですが、なかなかそういうわけにもいかず、ドリップバッグのコーヒーを飲むことが多いです。一杯の値段が安いし、なんと言ってもお手軽です。でもどうも美味しく作れないのです。考えられる理由は次の4つです。

抽出温度が低い。どうも給湯器の温度設定が低い気がする。温度が低いので、コーヒーの成分が出きっていない可能性があります。でもカフェ・バッハの田口さんは83℃が抽出の適温とおっしゃっているし。ということはもっと低いってことか?

水が良くない。給湯器には普通の水道水が入っているので、水そのものが美味しくないという可能性があります。

豆の鮮度が落ちている。個包装になっているので、それなりに湿気や酸素に触れないようにはできているはずなのですが、挽きたての豆のようなモリモリ盛り上がってくる元気は無いです。

環境が悪い。そもそも、仕事中なので、のんびりコーヒーを飲む環境にない。心のゆとりの問題?

そこで、一度、同じものを持って帰って、家で淹れてみることにしました。そうすれば①、②、④は改善されるはずだから、それでも美味しくなければ、やはり豆、という結論になります。というわけで、早速家で淹れてみたのですが、少しだけ美味しく感じたという何ともよく分からない結果になってしまいました。スミマセン!でも、劇的に味が変わらなかったということは、やはり豆に問題があるとうことなのだろうと思います。挽きたての豆にかなうものなしということでしょうか、それとも豆の品質の問題か? でも、ドリップバッグという製法自体に問題があるとは言えませんね。僕がたまたま飲んでいるドリップバッグの豆が良くない可能性が高いと思います。そういえば、昔キャンプに行ったときに飲んだドリップバッグのコーヒーは美味しかったなあ。今度はコーヒー豆専門店のドリップバッグを試してみることにします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました