爽やか!フルーツ・コールドブリューで広がるアイスコーヒーの楽しみ方

coffee

こんにちは。お盆休みも終わりましたが、まだまだ残暑が厳しいですね。
これだけ暑いとカフェや喫茶店でアイスコーヒーを飲む機会が多くなります。それにご家庭でもアイスコーヒーを飲まれる方が大勢いらっしゃるのではないでしょうか。
でも、自宅で美味しいアイスコーヒーを飲みたいと思った時に、ペットボトルで売られているリキッドコーヒーをそのままグラスに注ぐというのはちょっと味気ないですね。普通にホットコーヒーを淹れて氷に注ぐと、どうしても味が薄くなりますので少し豆の量を増やして濃い目に淹れてみたり、急激に氷が融けない温度まで冷蔵庫で冷やすなど美味しいアイスコーヒーを作るには色々と工夫が必要です。
そこで今日は、最近話題になっている「コールドブリュー(Cold Brew)」について書きたいと思います。
コールドブリューというと聞き慣れない言葉ですが、日本語にすると「水出しコーヒー」のことです。このコールドブリューで淹れたアイスコーヒーは、豆と水の選定をちゃんとすれば、かなり美味しいものが出来ます。
水出しコーヒーを売りにしている喫茶店には、少しずつ水が落ちるように工夫された大きな抽出器があったりしますが、ご家庭にある容器で十分美味しい水出しコーヒーが作れます。
さらに、このコールドブリューに、フルーツを加えると「フルーツ・コールドブリュー」という一味違ったアイスドリンクが作れます。
コーヒーとフルーツ?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、これが本当に美味しい!
味の組み合わせのイメージとして近いのはアイスレモンティーだと思うのですが、もっと複雑で爽快なテイストです。

<目次>

コールドブリューの作り方

<用意するもの>
■口の広いボトル:豆の入ったパックやフルーツを取り出すためには、広口のボトルが使い勝手が良いです。
■お茶パック:麦茶などを入れるのに使用する紙製のパックです。
■コーヒー豆:水200㏄に対し10~12g(普通にホットコーヒーを淹れる時に使用する量と同じです)今回は24g使用。
■水:400㏄~500㏄ 出来れば水道水ではなく、ミネラルウオーターか浄水器を通したもの。

<作り方>
①コーヒー豆を挽きます。
今回は、コールドブリュー用に深入りの豆と、フルーツ・コールドブリュー用に浅煎りの豆を用意しました。
(キャロットコーヒーさんで購入した深煎りのマンデリンと浅煎りコスタリカを使用しています。)


②これらをお茶パックに詰めます。

  
③コーヒー豆の入ったお茶パックをボトルに入れ、水を注ぎます。


④冷蔵庫で8時間程度寝かせます。
④氷の入ったグラスに出来上がったコーヒーを注ぎます。

フルーツ・コールドブリューの作り方

<用意するもの>
コールドブリューの器具、材料に加え、お好みのフルーツ。今回は漬け込みようには和歌山産の無農薬栽培みかんを使いました。
オレンジやぶどうなど皮ごと漬けるものは、出来るだけ表面に農薬が掛かっていないものを使用しましょう。

<作り方>
①コールドブリューと基本的な作り方は同じですが、コーヒー豆の入ったパックと一緒に、輪切りや角切りにしたフルーツを入れます。
②8時間くらい冷蔵庫に入れておきます。
③氷の入ったグラスに出来上がったコーヒーを注ぎます。この時、漬け込んだフルーツ(今回は輪切りにしたみかん)も一緒にグラスに入れると良いでしょう。

ちょっと別バージョンですが、今回作った「みかん・コールドブリュー」にバナナ、パイナップル、キウイフルーツを入れたトロピカル風ドリンクも作ってみました。

爽やかなコールド・ドリンクの出来上がり!

さて、早速それぞれのコールドブリューを飲んでみました。

■コールドブリュー(アイスコーヒー)
今回は深入りのマンデリンを使ったのですが、スモーキーなフレーバーは残しつつ、すっきりした後味で、麦茶やストレートティーに近い印象の仕上がりになっています。ミルクやシロップを入れずにそのままストレートでどんどん飲める感じです。新しい発見ですが、この淹れ方だと複雑な豆の風味も残って感じられます。試しに同じ豆を熱いお湯で普通に淹れたコーヒーをアイスコーヒーにして飲んでみました。こちらは深煎りらしいコクのある風味になっており、これはこれで美味しいのですが、同じ豆でもこれだけ味が変わるという新鮮な驚きがありました。

■フルーツ・コールドブリュー(みかん味)
もともと浅煎りのコーヒーはフルーティなテイストが感じられますが、さっぱりした酸味がより引き出された印象になっています。コーヒーの味を評価する時に「柑橘系のような」という表現があるくらいですので、柑橘系のフレーバーとは相性が良いのでしょうね。これは紅茶派の女性にも受け入れられる味だと思います。

■フルーツ・コールドブリュー(トロピカルドリンク風)
みかん味のフルーツ・コールドブリューに、バナナ、パイナップル、キウイフルーツを入れてみました。フルーツの入ったドリンクはどうしても甘めになりがちですが、このドリンクの中では、完熟したバナナが甘みのMAXとなっています。コーヒーが全体をキリっと引き締めていて後味もすっきりしています。アイスクリームをのせてフロート風にしても面白いかも。

まとめ

アイスコーヒーと言うと、ミルクとガムシロップを入れた甘い飲み物というイメージが強くて、いくら暑くても私はあまり飲まなかったのですが、コールドブリューにすると苦みが抑えられる分ストレートで楽しめることがよく分かりました。また、コーヒーのフルーティーな味わいという一面が強調され、フルーツとのマッチングの良さも十分感じられました。この淹れ方ですと、抽出技術よりも、豆や水など素材の良さが重要だと思います。
まだまだ、暑い日が続きそうです。皆さんもご家庭で、是非コールドブリューで作る爽やかなアイスコーヒーをお楽しみ下さい。



コメント

タイトルとURLをコピーしました