通販で買うおすすめコーヒー豆1/珈琲きゃろっと

coffee
珈琲きゃろっと

こんにちは。梅雨空の下、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
本格的な夏が始まるちょっと前のこの季節、しっとりした空気に包まれ、濡れ色鮮やかな木々の葉や紫陽花を見ながら飲むコーヒーは日本らしい風情があって良いものです。
せっかくなら美味しいコーヒーを飲みたいですね。
美味しいコーヒーを淹れるには、抽出テクニックも大事ですが、やはり「」が命です。
生豆の産地や農園の違い、輸送方法や保管状況、それになんといっても焙煎技術の違いがコーヒーの味を大きく左右します。先日紹介したブルータスでもロースター特集が組まれていましたが、最新のコーヒートレンドはこの「焙煎」に向かっています。
日本にはこだわりのロースターさんがたくさんあります。幸いなことに、その多くがネット販売で購入可能です。
今回、北海道・恵庭市にある珈琲きゃろっとさんのネット販売でコーヒー豆を購入しました。



きゃろっとさんには、定期便「くるべさ」というコーヒー2点セット(各220g)の月一定期購入コースがあります。このコースでは毎月、きゃろっとさんが選んだ2種類の豆が送られてきます。
この定期便「くるべさ」が通常月々3974円のところ、初回限定お試しセット(コーヒー豆2品各200g)では、2138円で購入できます。
そして、購入時に「くるべさ」定期購入を仮予約すると、なんともう一袋200g入りコーヒーが付いてきます!

今回届いた豆がこの3点!早速試飲してみました。

<三者三様の味と香り>
今回送られてきた3種類の豆はそれぞれ豆の風味や焙煎に違いがあり、お試しセットとしてはとても分かり易い内容でした。
各豆から受けた印象は以下になります。

■グァテマラ・グアヤボ農園(中深煎り)

酸味・苦み・甘みのバランスが良く飲みやすい印象です。
コクのあるしっかりした風味の中にもフルーティな香りが漂う複雑な表情を持ったコーヒーです。

■コスタリカ・ハルディン・デ・アロマス(中煎り)

豆は明るめのブラウンカラー。中煎りの豆らしく、さわやかな風味が特徴です。ただ、「酸っぱい」という印象は無く、フルーティでまろやかな酸味が口の中に広がります。苦みや渋みはほとんど感じません。微かにナッティな後味が残るのも味わい深い印象です。

■マンデリン・スマトラタイガー(深煎り)

今回のお試しセットで、「くるべさ」コースの仮予約を入れた特典でもらえた豆です。深煎りらしい艶やかな濃いブラウンカラーの豆です。豆を挽くと芳ばしい香りが漂います。ナッツやカカオのようなコクのある甘みとスモーキーな風味が、「コーヒーを飲んだ」という満足感につながります。焦げ臭い印象は全くありませんし、いやな苦みや渋みもありません。夏はアイスコーヒーにして飲んでも美味しいと思います。

そしておまけ(?)
珈琲きゃろっとさんの理念や、コーヒーの美味しい淹れ方など色々なお役立ち情報が満載の冊子「珈琲道」と、コーヒーを挽く時の粗さ見本が付いていました。購入者にコーヒーをとことん楽しんでもらおうという、きゃろっとさんの熱意が伝わってくる付録でした。

付録① 冊子「珈琲道」

付録② 豆の挽き方見本

<まとめ>
今回、珈琲きゃろっとさんのネット販売で3種類のコーヒー豆を購入し、試飲してみました。豆の産地や焙煎度合いに違いはありますが、どのコーヒーも嫌な苦みや渋み、酸味が無くとても飲みやすい印象でした。
また、ここに載せた付録以外にも「WAKKO通信」という冊子が入っていたり、後日店長さんからお礼の葉書が届いたりと、お客さんをとても大切にされているお店だな、と思いました。



コメント

タイトルとURLをコピーしました